いっぱいやりましょう


いっぱい(一杯)やりましょう

ippai yarimashou.

このひょうげんはあいてにさけのせき(酒の席)をさそうときのきまりもんく(決まり文句)のひとつです。 kono hyougen wa aite ni sakenoseki wo sasoutokino kimarimonku no hitotsu desu.(this expression is often used to invite the other person to come for a drink.) ちょくやく(直訳)すると「こっぷ(コップ)いっぱい(一杯)のさけをともにのみましょう」ですがそれはちがいます。 chokuyaku suruto “koppu ippai no sake wo tomoni nomimashou” desuga sorewa chigaimasu.(direct translation would be “let’s share in a glass of drink together”, but this is not what it means. いっぱいはたんじゅん(単純)にさけをいみします。 ippai wa tanjun ni sake wo imi shimasu.(“ippai” simply refers to a drink.)また、あいてとわかれぎわ(別れ際)のあいさつがわり(挨拶代わり)につかうばあいもあります。 mata, aite to wakaregiwa no aisatsugawari ni tsukau baai mo arimasu.(this phrase could be used when saying goodbye,too.)

たとえば。 ex.

A、そういえば、さいきん(最近)いっしょにのんでないですね。 souieba,saikin isshoni nondenai desune.(by the way,we have not gone out to drink together lately.)

B、そうですね。こんど、いっぱいやりましょう。 soudesune.kondo ippai yarimashou. (oh yes,let’s share a drink soon.)

あなたににほんじんのともだちがいたら、ぜひ(是非)このふれーず(フレーズ)をつかってみてください。 anata ni nihonjin no tomodachi ga itara zehi kono fureizu wo tsukattemite kudasai.(do try this out if you have a japanese friend.)

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト