がる


がる

garu

in japanese,”garu” is mainly used in following two situations.

1,そのように思ったり、感じたりする場合。 sonoyouni omottari,kannjitari suru baai. → when someone else is thinking or feeling a particular way.

2,そのように振舞ったり、そのような振りをする場合。 sonoyouni furumattari,sonoyouna furi wo suru baai. → when someone else is behaving or acting in the particular way.

(example)
寒がる。 さむがる。 samugaru. → she is cold.
痛がる。 いたがる。 itagaru. → he is in pain.
欲しがる。 ほしがる。 hoshigaru. → she wants something.
行きたがる。 いきたがる。 ikitagaru. → he wants to go.
言いたがる。 いいたがる。 iitagaru. → she wants to say something.

let’s continue further on and try putting “garu” in the past,present,and future tense.

(past) がった。 gatta. がっていた。 gatteita.
(present) がっている。 gatteiru.
(future) がるだろう。 garudarou.

now let’s look at some acutual examples.

①彼はその本を欲しがった。 kare wa sono hon wo hoshigatta.
→ he wanted that book.
② 彼はその本を欲しがっている。 kare wa sono hon wo hoshigatte iru. → he wants that book.
③彼はその本を欲しがるだろう。 kare wa so hon wo hoshigarudarou. → he will probably want that book.

④彼女はその演奏会に行きたがった。 kanojo wa sono ensoukai ni ikitagatta. → she wanted to go to that concert.
⑤彼女はその演奏会に行きたがっている。 kanojo wa sono ensoukai ni ikitagatteiru. → she wants to go to that concert.
⑥彼女はその演奏会に行きたがるだろう。 kanojo wa sono ensoukai ni ikitagarudarou. → she will probably want to go to that concert.

どうですか?「がる」の使い方を覚えると日本語会話の幅が広がりますよ。 doudesuka?”garu” no tsukaikata wo oboeruto nihongokaiwa no haba ga hirogarimasuyo. → how is it?you can remember how to use “garu” you will be able to broaden your conversation.

#日本語の表現 #