とうじ


冬至

とうじ touji (the winter solstice)

私たち日本人は、冬の季節に昼の時間が最も短く、夜の時間が最も長くなる日を「冬至」と呼びます。
冬至の日には、地域によって違いはありますが、健康を願ってかぼちゃを食べたり、ゆずの実を浮かべた風呂「柚子湯」に入る慣習があります。

わたしたちにほんじんは、ふゆのきせつにひるのながさがもっともみじかく、よるのながさがもっともながくなるひを「とうじ」とよびます。
とうじのひには、ちいきによってちがいはありますが、けんこうをねがってかぼちゃをたべたり、ゆずのみをうかべたふろ「ゆずゆ」にはいるかんしゅうがあります。

watashitachi nihonjin wa fuyu no kisetsu ni hiru to yoru no nagasa ga onaji to naru hi wo “touji” to yobimasu.
touji no hi niwa tiiki ni yotte chigai wa arimasu ga, kenkou wo negatte kabocha wo tabetari, yuzu no mi wo ukabeta furo “yuzuyu” ni hairu kansyuu ga arimasu.

we Japanese calls “touji” is the day on which the Sun’s elevation in the sky is the lowest and it is to mark the shortest day and longest night of the year. It occurs in December in Japan.
there is a traditional custom that take a yuzu-yu (a yuzu citron bath) and eating pumpkins (Toji-gayu, azuki-gayu or something its depend on area) on the day prevent catching cold.